キャノンコピー機リース・ゼロックスコピー機リース、売れ筋ツートップ!

超一流のキャノンコピー機・ゼロックスコピー機を、
オフィス定番機能、コピー・プリンタ・スキャン・FAXの機能を備えつけて、特別リース価格でご案内!

Canon imageRUNNER ADVANCE C3320

FUJI XEROX DocuCentre-V C2263(Model-CPFS-4T)

キャノンコピー機リース・ゼロックスコピー機リースについて

業務用コピー機を導入する場合は、その導入方法としてリース・現金・レンタルと、大きく分けて3種類の方法があります。

コピー機リース以外の現金導入等は、税務上は資産計上の対象となり、原価償却されていきます。
すなわち、コピー機を現金購入したコピー機にも、税金が課せられていくことになります。

コピー機をリース導入した場合は、現金(キャッシュフロー)を減らすことなどはありません。
コピー機を導入する場合のリース・現金等のご相談は、一番確かな貴社顧問税理士にお尋ねください。

キャノンコピー機リース・ゼロックスコピー機リース契約年数について

コピー機・複合機の法廷耐用年数は、5年間です。従いまして、コピー機リースの契約期間は5年が一般的です。
コピー機・複合機.comでは、お客さまのご要望に沿ってコピー機リース期間を、3~5年でご案内させていただいております。

コピー機リース契約と保守契約について

コピー機をリース契約した場合も、保守契約は別物です。
コピー機リース契約とは、コピー機そのものの商品代金の支払方法です。従いまして、コピー機をリース契約した場合、現金導入した場合も保守については同じです。